アドセンス広告の効果的な広告数と位置はこれ!具体的な設置を見直す

アドセンス広告の最も効果的な数と位置について考えてみましょう。

アドセンス広告数の制限が撤廃された現在、具体的に最適な数と位置を見直すべきなのか?

1度考えてみるのもいいでしょう。

アドセンスの広告数に制限が無くなった!

2016年8月にGoogleの規約が変更になり、これまで一部の人を除いて、1ページに貼れるアドセンス広告の数は「3つまで」だったのが、その制限が無くなりました。

ということで、一応1ページ内にアドセンス広告を4つでも5つでも6つでも貼ってもいいということにはなりました。

 

じゃあ、早速多めに貼っていこうかな!

という人はそれほど多くはないのが現状です。

 

様子を見ているフシもあると思いますが、これまで通り「3つ」のままにしている人がほとんどですし、多くても4つにしている人がいるくらい

 

まあ当たり前ではありますが、記事の中に広告ばかりになると、ほとんどの人が「ウザイ」と思うでしょうからね。

とは言え、アドセンスの広告というのは他の広告とは違って、読者さんのニーズにあった広告が自動的に出るものであるので、コソコソと控えめに貼る必要はないと思っています。
 

無料ブログなどで自然に出る、動いて誤タップを狙う広告とは全然違います。あれこそが「ウザイ」広告ですよね。

 
そうアドセンス広告は堂々と自信を持って貼るべき広告です。

ただ、広告が主役になるべきではなく、あくまでも記事コンテンツが主役であるべきでもあります。

 

そういうことから考えると、読み応えがあってその内容もしっかりと独自の視点で書かれているような濃厚な記事ならば、4つ貼っても全然いいと思います。

 

堂々と貼るべき広告ではあるが、主役はあくまでも記事本文なので、これまで通り「3つ」を基準にして、この記事は読んで欲しい!という質・量ともに力作だと思うならば「4つ」貼る。

こんな感じでいいでしょう。

広告を貼る効果的な位置

で、その広告を貼り付ける「位置」はどこにすべきか?

 

基本的な「王道」で考えるならば、

記事内に全部入れる

です。

 

これが最もアドセンスで収益が見込めるスタンダードなカタチですね。

 

一昔前(まだスマホがそれほど主流じゃなかった数年前)は、

サイドバー上

記事下ダブルレクタングル(記事下に広告が2つ横並び)

などが流行りましたが、今は廃れつつあります。

 

何故か?

「サイドバー上」という位置は、スマホからの訪問者がパソコンからの訪問者を超えた現在、スマホでブログを見た場合に、かなり下にスクロールしないと見ることが出来ないからです。

また、ダブルレクタングルという形にすると、何らかの対策をしないと、スマホで見た場合に1画面内に広告を2つ載せてはいけないというアドセンスの規約に引っかかるからです。

 

というわけで、主役である「記事」を読む過程で自然なカタチで広告が目に入るのが一番いいので、記事内に全部入れたほうがいいんですね。

記事内のどこに貼るべきか?

もっと具体的にいきましょう。

 

ここです、こんな感じ↓

%e7%84%a1%e9%a1%8c_025

これは実際に貼っていて私が効果を感じている広告の箇所です。

 

まず記事内に「見出し」を3〜4つ入れて書いていく前提です。

「見出し」で読者は、一呼吸置くと思うので、基本的にはその位置に広告を貼ります。

 

記事をテレビ番組に例えると分かりやすいです。

テレビで言えば「CM」を挟むような感じです。

最初の広告位置

よく「記事タイトル」の真下に広告を入れているのを見かけますが、あれ、Wordpressのウィジェットで簡単に全部の記事に広告が入る機能を使っているんだと思います。

 

だけどあれって、テレビで言えば見たい番組が19時に始まるはずなのに、19時になってもCMが流れているようなものなのでやめた方がいいです。

 

そして、記事の導入の文章を読んで、読者はこの記事をほぼ直感で「読むべき」か「読まなくてもいいか」を判断します。

その「一瞬の判断」をしている間にテレビでいえば「CM」を挟んでおきましょう。

離脱したい人もいるでしょうから、そういった人のためにもここで広告を入れましょう。

真ん中の広告位置

ここの位置が一番「流動的」な位置と言えます。

記事内に広告を3つ入れたり4つ入れたりでも変わるし、見出しを3つ入れるか4つ入れるかでも変わってきます。

 

まあ「CM」と考えれば、入れるべき位置は分かると思います。

読者が一呼吸おくべき箇所を、こちらで作ってあげる感覚です。

 

ここで一つ工夫をしています。

ここでは「見出し」の直後に入れますが、何故でしょうか?

 

それは「この先にも記事は続いているよ〜」ということを読者に分かってもらうためです。

 

この「真ん中」の広告を「見出し」の直前に貼ってしまうと、

ここで記事が終わりなんだな。

と誤解する確率が高くなってしまうからです。

 

そう思ったら、大抵そのまま「戻る」ボタンで読者は去って行ってしまうので、ここは必ず「見出し」の直後に広告を貼るように!

最後の広告位置

ここは、工夫も何もない正攻法!

記事が終わった直後に貼りましょう。

 

そしてここが最も広告のクリック率が高いところでもあります。

良いコンテンツを作ることに集中しましょう。

まとめ

以上、アドセンス広告の最も効果的な広告数と位置について、私が考えていることを述べてみました。

これ実際に実践してみて、効果が見込めている経験に基づいてます。

 

ただし、当然ですがブログのテーマや、閲覧している読者層によってもかなり変わってきます。

またパソコンからのアクセスの方が多かったり、またその割合によっても効果はかなり変わってきます。

なので、日々自分のブログの読者のことを考えて、広告の位置を修正したり、ブログ全体を見なおしたりの考察を忘れないようにしてくださいね。