アドセンスの広告サイズの変更方法で超簡単に自動で正方形にする方法

アドセンス広告をブログに貼れるようになったら、真っ先にやっておきたいのが「広告サイズの変更」です。

初期設定の「広告サイズ」だと、パソコンから見た時に何故か妙に細い「横長」の広告になりませんか?

このやり方なら、一発で最適なサイズで「正方形」に近い大きな四角形になりますよ。

なんでこんなに細い「横長」なんだ?!

アドセンスの審査が受かった!

広告が貼れるぞ!!

 

と、喜び勇んで自分の広告にアドセンスを貼り付けてみると、、、、。

111

あれ?ナニコレ??

 

自動サイズ レスポンシブ」という広告をアドセンスの設定画面で選んだはずなのに、なんでこんなに横に細長いんだよ?

って、まず思いませんでしたか?

 

そうなんです。

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_029

アドセンスの広告の設定で、このように「自動サイズ レスポンシブ」というのを選んでも、パソコンから見ると何故か妙に横に細長いサイズの広告しか表示されないんですよね。

スマホから見ると、ちゃんと正方形に近い、大きめな「広告」が表示されているけど、何故かパソコンから見たら細長い。

これ、なんとかならないの?

アドセンスの広告サイズは大きいほど効果あり

アドセンスの広告で最もクリック率が高く、広告の種類も多く、要するに「収益性の高い」サイズって、ズバリ「大きい広告」なんです。

具体的には、

112

113

こういったサイズのものです。

このサイズが出るようにしておけば、広告の種類が豊富なので、より訪問したユーザーのニーズにあった広告が出現する確率が高くなり、つまり「クリック率」も必然的に高くなる、というワケですね。

でも、何故か初期設定のままだと「自動サイズ レスポンシブ」を選択してもパソコンからだと横長なサイズの広告しか表示されない。

 

で、このサイズは、

レクタングル(大) 336×280

レクタングル(中) 300×250

というサイズの広告で、アドセンスの設定画面からサイズを指定して作成することも出来ます。

 

ですが、指定したら今度は古いスマホなどの小さい画面で見た時に、広告が画面からはみ出したりするという、なかなかの「困ったちゃん」なんですよね。

というか、何よりもその設定をするのが意外と面倒くさい!

 

ということで、超簡単に一発で、アドセンスの広告サイズをどの端末から見ても、最適な大きめのサイズで表示される方法があるので紹介します。

広告コードを「auto」から「rectangle」に変えるだけ!

まずアドセンスの設定画面に行き、

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_030

「広告の設定」から「広告ユニット」へ行き、自分の作成した「広告ユニット」の「コードを取得」して、「広告コード」を表示させてそれをコピーします。

 

で、それを一旦「メモ帳ソフト」などに貼り付けます。

そうしたら、そのコードの中のこの部分、

 

<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-数字”
data-ad-slot=”数字”
data-ad-format=”auto“></ins>

 

の最後の行にある

auto」を「rectangle」に変えるだけです。

 

つまり

data-ad-format=”auto“></ins>」の部分を、

data-ad-format=”rectangle“></ins>」に書き換えるというワケです。

 

そうしたら、そのまま「メモ帳ソフト」に保存しておきましょう。

あとは、その書き換えて保存したコードをブログに貼り付ければオッケーです。

 

これだけで、パソコンから見ようがスマホから見ようが、最適なレスポンシブ表示でありながら、正方形に近い大きめなサイズで広告が表示されるようになります。

まとめ

ちなみにこの方法、ちゃんとアドセンスのヘルプにも記載されている「公式」のやり方で、何も問題ない方法ですので、安心してください。

 

ついでに言うと、「rectangle」以外にも、

vertical」 縦長の広告

horizontal」 横長の広告

 

さらに、それらをカンマで区切って組み合わせるということも、

【例】
rectangle, horizontal

なども出来るそうです(やったことはありませんが)。

 

まあ「rectangle」にしとけばいいと思います。

これなら簡単なので覚えておいてくださいね。