AdSense Managerの不具合に対処して記事中の任意の場所に広告を貼る方法

    WordPressの記事内の任意の場所に、アドセンス広告を「ショートコード化」して貼れる便利なプラグインのAdSense Manager

    最近「設定が保存出来ない」不具合があったのですが、それを修正するやり方をどうぞ。

    なんだかんだ言っても、やっぱりこのプラグインは便利です。

    【記事の最後に追記あり】
    「AdSense Manager」流石に古くなりすぎたようです。これに変わるプラグインに変更するときが来たようです。

    あれ?設定が保存出来ないじゃん!

    私はこの「AdSense Manager」というプラグインをWordpressでアドセンスを貼るときにずーっと愛用しています。

    理由としては、

    この記事にあるように、記事下のアドセンス広告は、テンプレートに標準搭載してある「記事下ウィジェット」で一括で貼るとしても、最初の広告と真ん中の広告は、手動で任意の場所に貼りたかったからです。

    で、最初はアドセンスコードそのものを手動で貼っていたんですが、その場合、投稿画面をいちいち「テキストモード」に変えないとダメなので非常に面倒です。

    ・普段はビジュアルモードの方がやりやすいので。

    ある時、この「AdSense Manager」を知って以来、これだよ!これ!という感じで気に入って使っていたのですが、なんかおかしい。

    普通に使っている分には何の問題もないものの、「AdSense Manager」の設定を変更して保存しようとしても「エラー」が出て反映されないんですよね。

    でもショートコードは普通に貼れるし、そこまで設定を変えるつもりも無かったので放置していました。

    これでは初めて使う人が使えないじゃないか

    そのまま使っていたんですが、この記事に書いたように、

    最近Wordpressでアドセンスを始めた人がいたので、この人に「オススメ」のプラグインとして紹介しようにも、やっぱりこのままじゃ勧められないワケです。

    どうせなら、もっと便利な「プラグイン」でも紹介するか!

    ということでいろいろと実験してみました。

     

    候補は以下の3つ!

    icon-check3-pWPQUADS

    icon-check3-pMaster Post Advert

    icon-check3-pEasy Plugin for AdSense

    で、結果はいずれも却下です。 

     

    こういったプラグインって基本、全部英語!わかりづらい!!
    (ま、これはAdSense Managerも同じですが、、、。)

    どのプラグインも良さそうではあったんですが、自分の使い方だとどうしても合わないのと、初めてブログを使う人だと余計に手こずりそうだったので。

    この中では「Master Post Advert」が一番簡単で使いやすそうだったんですが、何故か広告が表示されず、、、。

    ということでやっぱり「AdSense Manager」が一番いいということになりました。

    不具合の原因はこれ!

    この「AdSense Manager」の不具合の原因は、調べてみたら簡単に分かりました。

     

    使っているサーバーが「PHP7.0」以上だと不具合が起きるとのこと。

    設定のときだけサーバーを「PHP5.6」以下に変更して使えば大丈夫でした。

     

    以下手順。エックスサーバーの例です。

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_16-36-09

    サーバーパネルにアクセス。

     

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_16-36-54

    サーバーパネルのトップページから「PHP Ver.切り替え」を選択します。

     

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_16-37-19

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_16-37-37

    一旦バージョンを下げてください。

    これで「AdSense Manager」の設定を変えることが出来ます。

     

    WordPressのダッシュボードに行って、

    「設定」から「AdSense Manager」に入ります。

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_16-39-01

    最初の設定画面。分かりにくいんですが、「4. Go to」の後の「Manage Ad Units」をクリック。

     

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_16-39-32

    自分のアドセンスの広告コードを貼って、「Import」をクリック。

     

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_16-40-04

    すると、こんな画面になります。

     

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_16-42-02

    ここで設定するんですが、メチャクチャ簡単です。

     

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_16-42-23

    Display Options」のところを全部「Yes」にするだけです。

     

    基本的にはこれだけで大丈夫ですが、ついでにやっておきたいことがあります。

    設定画面で右にスクロールしていくと、自分の広告コードがはってありますが、ここを

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_17-09-25

    このようにしておきましょう。

     

    要するに、頭に

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_19-06-05

    を付け加えておきます。

     

    そうすることで、広告の上部に「スポンサーリンク」の文字が「中央揃え」で表示されます。

     

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_17-05-02

    ついでにデフォルトで「co-1」となっている名前を自分が分かりやすいのに変えておきましょう。
    ここでは「a1」にしました。最後に「Save Changes」をクリックして保存します。

     

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_18-13-24

    こうなれば完成です。

     

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_17-06-51

    ここまでやったらサーバーパネルにいって「PHP」を元に戻しておけば完了です。

     

    もう設定を弄ることはないと思いますが、修正したくなったら、またPHPのバージョンを変更してください。

    実際に貼りつけるやり方

    今回はAdSense Managerのユニット名を「a1」にしているので、

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_18-25-50

    こういうのを作成してメモ帳なり何なりに「保存」しておいてください。

     

    例えば、作成したユニット名をデフォルトの「co-1」のままならば、

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-14_18-29-06

    こうなります。

     

    あとはこの「ショートコード」を任意の場所に貼り付けるだけです。

    投稿画面が「ビジュアルモード」だろうが「テキストモード」だろうが、関係なく広告を手軽に貼れるようになります。

    ぜひお試しください。

     

    【追記】
    この「AdSense Manager」、ついにプラグインの検索からも外れたようなので「もはやこれまで!!」さすがに終了です。

    これに変わる素晴らしいプラグインに出会いましたので変更しました。
    →詳細はこちらの記事で!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    万次郎式コンテンツ(PDF)販売中

    万次郎が作成したリーズナブルなコンテンツ売ってます。