WordPressでテンプレートの変更時に絶対するべきバックアップの簡単な方法

WordPressのテンプレートを変更してみました。

WordPressのテンプレートの変更自体は超簡単なんだけど、絶対やっておくべきバックアップの方がなんだか大変そう、、、。

でも、やってみると意外と簡単でしたよ。この方法なら簡単です。

実は疎かにしがちなバックアップ

WordPressでブログを書いたことがあっても、意外と疎かにしがちなのが「バックアップ」じゃないでしょうか?

だって面倒くさいじゃないですか?

副業で「ブログで収入」を実現するためには、時間が少しでも惜しい!
なんて人がほとんどだと思います。

そんな暇あったら、1記事でも書いておきたいところ。
いや、たまに心のスミで「大丈夫かな?」なんて思うんですが。

ぶっちゃけ私もそうでした。

なので、これまでブログのバックアップなんてやったことはありません。

でも、確実にバックアップはとっておいた方がいいに越したことはないです。

よく考えてみれば、気をつけていてもちょっとしたことでブログが消失してしまう危険ってたくさんありますからね。

ウイルスなどに侵入される

コードを貼り付けようとして手を滑らす

プラグインが干渉した

意外と危険なことをやりながら、日々更新しているということ。

でも「面倒」なんですよね。

「いつかやるでしょ?」

と、人事のように考えてましたが、急遽バックアップをやることになりました。

テンプレートを変更してみるか!

何を思ったか、急に「テンプレート」を変えたくなったんですよ。

いや、これまでのテンプレートに不満があるわけじゃないです。

何でしょう?気分転換というか、一回テンプレートの変更をやってみたかったのもあるんですが、ある人に中々面白いテンプレートがあるよ、と紹介されたのも大きいですね。

となると、必然的に「バックアップ」を取らざるを得ないです。

テンプレートの変更自体は無茶苦茶簡単です。ホントに「え!もう終わったの?」というくらい一瞬で終わります。

が、テンプレートの変更でコワイのが変更後の不具合。

プラグインなどは、そのまま引き継がれるものの、それが逆に仇となり、テンプレートとプラグインの相性などが原因で動かなくなっちゃった!

または画像がなくなったとか、レイアウトがおかしいとか、ホント何が起きるか分からないじゃないですか?

ということで、重い腰を挙げてバックアップを実践してみましたよ。

やってみると簡単だったバックアップ!

もうですね、さすがにバックアップの知識なんてないもんで、私も実際にお会いしたことがある「北っち」さんのブログを参考にさせていただきました。

→初心者でも出来るプラグインを使わないWordPressのバックアップ方法

すいませんが、もう丸投げです。
メチャクチャ詳しく書いてあるので、上記を参考にしてください。

このやり方は、プラグインなどは使わずにFTPソフトを使って、パソコン上にファイルをバックアップする方法です。

FTPソフトはどのソフトでもいいと思いますが、北っちさんオススメの「FileZilla」を私も使いました。

非常に使いやすくていいですよ、FileZilla。ちなみにこのファイルジラという名前、あの「ゴジラ」から取っているようです。まあどうでもいいですが。

あ、そうそう、このFileZillaはLinux用もありますよ。私はUbuntuでやりました。

初めてバックアップをやってみましたが、ホントに全部で15分くらいしか掛かりませんでした。
これで全てのデータがパソコン内にファイルとしてバックアップされるので安心感が大きいです。

言ってみれば、1UPキノコを取った直後のマリオやスペシャルフラッグをゲットしたときのゼビウスくらい安心感が生まれます。

上記のブログでも言っていますが、忘れずにやっておきたいのが設定などをメモしておくこと。

スクリーンショットで撮った画像を同じファイルに置いておけば万全ですね。

まとめ

いつかはやるだろう、なんて言っておきながら多分やらない人はいつまでもやらないバックアップ。
やらかしてから後悔してももう遅いバックアップ。

やってみると意外なほど簡単だし、やっておくと安心感が全然違います。

特にテンプレートの変更時には、絶対にやっておきたいものです。