FTPソフトの使い方も覚えよう!Windows・Mac・Linux対応の「Filezilla」なら簡単

    FTPソフトって何?なんだか難しそう、、、。って私も思ってました。

    が、このFTPソフトの使い方を知っておくと、WordPressの運用もいろいろと便利になってくるのでぜひとも覚えておきたいところ。

    FTPソフトの中でもWindowsにもMacにもLinuxにも対応している「Filezilla」が使いやすくてオススメです。

    FTPソフトなんて使わなくても大丈夫!

    そもそもWordPressでブログをやっていくためには、通常は

    icon-check3-p独自ドメイン

    icon-check3-pレンタルサーバー

    を契約したことと思います。

    FTPソフトというのは、そのレンタルサーバーに自分のパソコンからアクセスして、ファイルの操作などをするソフトです。

    うん、なんだか難しそう!

    それに、WordPressをレンタルサーバーを借りて運営する場合、画像の追加や削除、記事の投稿や削除などはWordPress上で出来てしまいます。

    それに大手のレンタルサーバーには、WordPress自体のインストールも「自動インストール機能」があるおかげで、ほとんど問題なく出来てしまいますね。

    さらに、ちょっと突っ込んだファイルの操作も、だいたいレンタルサーバー側が「ファイルマネージャー機能」を用意してくれているので、そもそも「FTPソフト」って必要か?なんて思ってしまうでしょうね。

    なんか難しそうだし、、、。

    いや、私もそう思ってました。

    でも使ってみると、かなり便利です。

    特にこの間、テンプレートを変えてきたんですが、そのときに必須とも言える、作業のバックアップ時にはかなり威力を発揮します。

    その時に使って分かったのですが、何か「大きなこと」をしたり、「大変な作業」をしなければならないときって、絶対に「FTPソフト」を使った方が早いし分かりやすいということ。

    ・まあバックアップ自体はそこまで大きな作業ではありませんが。

    でも、いざという時にかなり便利なので、そこまで難しくはないので慣れておいた方がいいですよ。

    Filezillaでサーバーに接続してみよう!

    まずはインストールから。

    Windows用のやり方はググればたくさん出てきますので、ここではLinuxのUbuntu系のOSでのやり方です。

    と言っても別にWindowsと大して変わりませんが。

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-20_13-54-24

    Ubuntu16.04系なら「ソフトウェア」から検索してインストールすれば終了です。
    Ubuntu14.04系でも「ソフトウェアセンター」から出来るので一緒です。

    Ubuntuのソフトのインストール方法って基本的にWordPressでの「プラグイン」インストール方法と一緒なので物凄く簡単ですね。

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-20_13-56-08

    さて起動します。

    何やら難しそうですが、「左側」が自分のパソコン内のファイルで、「右側」がまだ接続してませんがレンタルサーバー内のファイルだと覚えておけば、意外と分かりやすいです。

    では早速サーバーに接続してみましょう。

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-20_13-56-43

    左上の「ファイル」から「サイトマネージャ」を選択してクリック。

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-20_13-57-49

    すると別窓でこんな表示が出るので「新しいサイト」を選んで「OK」をクリック。

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-20_15-36-19

    するとこの画面に。

    自分が契約しているレンタルサーバーの接続情報(契約時にメールで届いてます)を見ながら、黒く塗りつぶした箇所を記入します。

    ここはサーバー会社によって呼び名が多少違ってて迷うかもしれないですが、例えばXserverならば、黒で塗った箇所は上から順に

    icon-check3-rFTPホスト
    icon-check3-rFTPユーザー
    icon-check3-rFTPパスワード

    の順番で大丈夫です。記入したら「接続」をクリック。

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-20_14-10-16

    はい、接続完了です。

    Filezillaでのファイル操作の基本

    最初はホント、難しそうと思うかもしれないですが、先ほども言ったように、基本的には、

    icon-check3-g「左側」が自分のパソコン内のファイル
    icon-check3-g「右側」がサーバー内のファイル

    なので、そう見るとなんとな〜く分かってきますね。

    で、ファイルの操作なんですが、例えばパソコン内にあるファイルをサーバー側に「移動」(アップロード)する場合、一応上部に「転送」とあるので、それでも勿論出来ます。

    でも、これだとなんとなくわかりづらいので、基本的には「ドラッグ&ドロップ」で操作したほうが分かりやすいと思います。

    そしてパソコン内のファイルも、下の「左側」から選ぶのではなく、パソコンの「ファイルマネージャー」を表示させておいて、そこから「ドラッグ&ドロップ」することが出来るので、その方が圧倒的に使いやすくて分かりやすいと思います。

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-20_14-13-10

    要するにこんな感じです。
    これだとホントに簡単ですよ。

    まとめ

    とりあえずFilezillaのインストールと基本的な使い方でした。

    これだけでもWordPressの「プラグインに頼らないバックアップ」は出来ますので、覚えておいて損はないかと思います。

    その他にも様々な使いかたに応用出来るので、この際、WordPressのバックアップをやってみるついでに、Filezillaを導入しておくと、何かと便利です。

    ぜひやってみてください。

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    万次郎式コンテンツ(PDF)販売中

    万次郎が作成したリーズナブルなコンテンツ売ってます。