MilkyStepを入れるサーバー選び!CORESERVER(コアサーバー)を選ぶ?!

買い切りサーバーインストール型のメルマガシステム「MilkyStep」をインストールするサーバー選びはどこにしようかな?

ちょっと調べて、ほぼ即決で決めたのがCORESERVER(コアサーバー)です。

これが苦難の始まりになろうとは、、、。

どのサーバーがいいのか?

私は現在のこのブログをエックスサーバーで運営していて、その他にも「妻のブログ」もこのエックスサーバーでやってます。

MilkyStepが推奨しているレンタルサーバーの一つはエックスサーバーで、しかもMilkyStepのマニュアルもエックスサーバーを例にして書いていますので、普通はこのエックスサーバーにインストールすればいいワケです。

ちなみにMilkyStepが推奨しているレンタルサーバーは、

エックスサーバー

シックスコア

の同会社の2つのサーバーです。

 

が、ちょっと調べていくと、メルマガの読者が増えて配信数が増えてくると当然サーバーに負荷が掛かるとのこと。

そうなると、大事なブログにも影響が出そうだし、そう考えるとなんか気持ち悪い。

まだメルマガを始めてさえいないのに考えすぎ?とも思いますが、先を見越した運用を考えると、途中でサーバーを変えるとなると面倒です。
(とは言え、メルマガの場合は到達率などを考慮すれば途中でサーバーを変えることも検討すべきではあります。)

ということで別にもう一つレンタルサーバーを借りることにしました。

本当は最初から「専用サーバー」にした方がいいんでしょうが、それじゃ運用コストが高いですからね。

となれば、MilkyStep推奨のエックスサーバーをもう一つ契約すればいいんですが、前回の記事でも言った通り、

メルマガの配信専用として使う

運用コストを抑える

メールの配信制限がキツくない

というサーバーを探してみることにしました。

まあ、エックスサーバーに不満は全くないものの、同じサーバーではなく別のも試してみたいという理由もありましたね。

これでいいじゃん!コアサーバー!

で、意外にもあっさりと決まったのがこちら。

コアサーバー です。

ここのいいところは、何と言っても安いのに機能に制限が少ないところです。

値段だけなら、他にもっと安いところはあるんですが、コアサーバーは他の安いところに比べて、機能的には断然上です。

プランは4種類用意されてますが、値段と性能のバランスがよさそうな「CORE-A」プランだと、1日の送受信可能メール数がなんと1万通です。
 

ちなみにエックスサーバー(月額約1000円)は1万5000通です。

 
コアサーバーは、それでいて値段の方も1年利用で月額428円!さらに初期費用も無料!

もちろん、値段が全てじゃないですが、複数のレンタルサーバーを契約する上で、この値段とこのスペックなら問題なさそうです。

というワケでほぼ即決で、このコアサーバーの「CORE-A」プランに決めました。

今思えば、これが苦難の始まりでしたね。
 

何度も言いますがMilkyStepは普通で考えたら、選ぶべきサーバーはエックスサーバーを推奨します。

早速コアサーバーと契約!お試し期間?そんなもん必要なし!

で、早速契約!インターネットって本当に便利ですね。即契約出来ますから。
でも今回ばかりは、もっと面倒だったら思い留まったかもしれないのに、、、。ってふと思いました。

さらにコアサーバーは初期費用が無料なので、なお気軽に契約が可能です。

コアサーバーには7日間のお試し期間があるので、その間にいろいろと試してから良ければ契約すればいいんですが、私、1度決めたら即契約しちゃうんですよ。

MilkyStepの購入費用を除いて考えれば、独自ドメイン代を含めて、これで月に500円ほどで高機能なメルマガを発行出来るぞ!やったぜ!

ということで特に何も考えず、ご丁寧に「独自ドメイン」まで取得して即1年間の契約を結びましたよ、ええ。

「男はな、1度決めたら即行動よ!ムヒヒ」

などと薄ら笑みを浮かべながら、MilkyStep Lightを無料ダウンロード!
ついでにマニュアルもダウンロード!!

決心した男は、行動力が違います。

マニュアルみると何やらいろいろ書いてあります。

「ふむふむ。何書いてあるかさっぱり分からんが大丈夫!なんたってオレには格安サーバー最強のコアちゃんがついてるんだから。」

ということで、即決とは言いながらもそれなりにいろいろと調べてから契約したので、もうすでに深夜遅くなっていたこともあり、その日はもう寝ることに。

「さあ明日から頼むよ、コアちゃん。」

おいおい!全然違うじゃないか!

で次の日に、気持よく一から順にインストール作業を開始しました。

まあ、ある程度は想定していましたが、やはりエックスサーバーを基本に作られているマニュアルとは、ところどころ違います。

それでも大筋は一緒だし、そんなことは分かっていたので「何とかなるさ。」と楽天的に考えていましたね。

たかがインストールされどインストール。

ジャンクパソコンに無料のOSをインストールすることには慣れている私は、どこか甘く見ていたんでしょうね。

レンタルサーバーもLinuxだしイケるでしょ?と思っていたんですけど全然イケません。

ジャンクパソコンにOSをインストールするのと、サーバーにFTPソフトを使ってインストールするのとでは、勝手が全然違います。

ちょっと進めてはマニュアルと違うのでネットで調べる、の繰り返し。

また進めては新たなカベが立ち塞がります。

いやあハッキリ言って舐めてました。

何をかって?コアサーバーをですよ。

確かに私自身、FTPソフト自体を今までほとんど使ったことがないド素人です。

それでもこれがマニュアル通りのエックスサーバーだったら、ここまで手こずることもなかったでしょう。そう、マニュアル通りにやればいいんですからね。

でも、違うんですよ。

コアサーバーがあまりにも他とは違うんですよね。

多分詳しい人ならそこまで「違う」とは思わないんでしょうが、私のようなサーバー素人からすれば、コア先輩ってば、まさに「絶望」のように私の前に立ちはだかってくれるんですよね。

さて、コアサーバーに果たしてMilkyStepをインストール出来るのか?

長くなったので、また次回に続きます。

→MilkyStepをCORESERVER(コアサーバー)にインストールをし続け見えたもの