MilkyStepをCORESERVER(コアサーバー)にインストールをし続け見えたもの

さてステップメール機能搭載のサーバー設置型CGIMilkyStepを「通好み」なコアサーバーにインストールを試みる顛末記。

まさか、ここまで苦戦するとは正直思いませんでしたよ。

設定がかなり違うよコアサーバー!

前回の記事の続きです。

→MilkyStepを入れるサーバー選び!CORESERVER(コアサーバー)を選ぶ?!

買い切り型メルマガ配信ソフトの「MilkyStep」の無料お試し版「MilkyStep Light」をインストールしてみたのですが、設定がマニアックなコアサーバーでチャレンジしてしまいました。

MilkyStep推奨の「エックスサーバー」とは、インストール方法が結構違います。

いや、正確にインストール自体はだいたい一緒なんですが、キモは「CRON」という設定がだいぶ違うんです。

まあ、おそらくコマンドに強い人やサーバー関連に詳しい人ならば、そこまで違和感を感じないで進めていけるのかもしれません。

が、私はかなり苦戦しました。

インストールそのものは、すんなりとはいかないまでも、何とか出来ましたので、試しに自分が幾つか持っているアドレスにテスト送信してみると、普通に送信出来ました。

でも、CRONの設定が上手く出来ないと「予約配信」が出来ません。

当たり前ですが、このまま有料版にアップグレードしても「ステップメール」機能が使えないといことです。これでは意味がないですね。

CRONというのは、サーバーに決まった時間に何らかの動作を起こさせるプログラムのようなもので、これが設定出来ないと当然プログラムが働かないので予約配信が出来ないというワケです。

MilkyStepのマニュアルは「エックスサーバー」でのやり方なので、CRONの設定が全く違うコアサーバーでは、かなり厳しいです。

いや、ホントにかなり厳しいです。

Linuxを普段から使っているとは言え、コマンドなどほとんど知らない私は相当キツかったです。

「シェルスクリプト」や「CGI」や「PHP」など難解な用語が次々飛び出すたびに、立ち止まって「Google先生」に聞きにいくということを繰り返し、仮説を立てては実行していくという気の遠くなるような作業の連発。

そのたびに、「違う」とCRONさんがおっしゃるんですよ。

もう当初の楽観的な感覚なんかあっという間に吹っ飛んでいきました。

オレには無理だ、、、、。

ネットの情報を彷徨うことまる二日。

ホントに二日間寝る間も惜しんで、設定し続けてみても解決には至らない、、、。

もう嫌だ、、、。

てかなんでよりによってコアサーバー選んだんだろう。

最初からマニュアル通りエックスサーバーでやっていたら、こんな苦労しなくても良かったんじゃないのか?

そうだ!もうコアサーバー解約出来るなら解約しちゃえばいいんだよ。独自ドメインだってさあ、移管すれば使えるんだし、とにかく早く「楽」になりたいなあ、、、。

というところまで来ていました。

もう諦めの境地に入りかけていたのか、かなり落ち着きを取り戻した心境で「取り敢えず」やってダメだったら、他のことを考えよう。

と考えて臨んだ3日目。

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_053a

やった、、、。やったよ!ついに設定できた〜!!

ついに難攻不落のコアサーバーでMilkyStepを攻略してやったぞ!

と、ここで浮かれずに、いつもの自分だと設定できたことに酔ってしまって、その上手くいった設定を全て忘れる悪いクセがあるんですが、今回は冷静でした。

すかさずその上手くいった設定をキャプチャしたり、コマンドをメモ帳に保存したりを怠りませんでした。この「抜かりない」行動に自分が一番驚きました。

しかし、今回の自分はこれだけに留まりませんでした。

せっかく上手くいったものを一旦全部消してみる

たまたま上手くいったんじゃ気持ち悪いので、一度全部アンインストールして、もう一度最初からやり直すという暴挙に出ました。

おいおい、ホントに俺なのか?!

また設定に失敗しながらも、それでも少し設定を変えたりしながらも何度もインストールを繰り返して、だんだんとモノにしていきました。

お〜い、ホントに俺かい??

再インストール回数は3〜4回は繰り返しましたね。

コアサーバーのCRONは、規約上1時間に1回しか設定出来ないので、一度設定をミスると次に確認出来るのは1時間後、というのがかなりキツかったです。

それでも、ここまでやってみて「もう大丈夫!」と自信も深まりましたね。

しかし苦労した分、感動もひとしお。

キチンと「予約配信」も出来ていました。

これで月額の費用も抑えて、メールの送信数の上限も当分困らない最適なシステムの出来上がりです。

うんうん、やっぱコアちゃん最強だね!

上手くいけば現金なもんです。

まとめ

ちゃんと動作するのに掛かった日数まる3日。

敢えてマニアックなコアサーバーを選んだのが原因と言えば原因ですが、出来てしまえばかなりいい感じですね。

今回の苦悩を通して学んだことは、

上手くいかなくてもすぐには諦めないこと

それでもダメなら一度諦めてみて自分の気持ちを確かめる

やっぱりやり遂げたいなら力を抜いてみる

ということ。

そして「上手くいったなら、それを忘れないでおく」こと。

こんなところですね。

そんなワケで苦労した分、コアサーバーでMilkyStepといういい感じの組み合わせが出来ました!

あとはここで満足せずに、出来上がったものを実際に使っていくことですな。
あ、これは自分に対する戒めでもあります。