サイトマップって何よ?ブログには2つの「サイトマップ」が必要って知ってた?

    ブログをやっていく上での最初にやるべき設定のうちの一つに「サイトマップ」というものがありますが、このサイトマップには2つの種類があるって知ってましたか?

    このどちらが抜けてもSEO上、よろしくないのできっちり設定しておきましょう。

    ユーザー用とGoogle検索用の2種類のサイトマップ

    サイトマップには、ブログを訪れた読者がブログ内の全体像を見るための、言わば「目次」の意味の「サイトマップ」と、Googleに送るための検索エンジンがブログを認識するための「目に見えない」サイトマップの2種類があります。

    これ、以外と混同しがちなんですよね。

    私も最初の頃、混同してて「なんでブログの目次をGoogleに送信するんだろう?」などと、かなり混乱したのを覚えています。

    で、これらはどちらが抜けてもSEO上よろしくないという結構重要な設定だったりします。

    なので、どちらもきっちりやっておきたいところです。

    ユーザー用の目次の意味のサイトマップは、WordPressのテンプレートによっては最初から機能が組み込まれていて自動で生成してくるものもあるんですが、ない場合も多いです。

    そういうときは「プラグイン」です。

    ホントにプラグインって便利ですね。

    どちらのサイトマップもプラグインで解決します。

    まずはGoogle検索用の「サイトマップ」から

    では、まずGoogleに送信するための「目に見えない」サイトマップからいきましょう。

    これも「プラグイン」でサクッと解決します。

    Google XML Sitemaps」というプラグインを使えば一発です。

    このプラグインをインストールして「有効化」すれば、もうそれだけでオッケーという手軽さです。
    設定もほぼデフォルトのままで大丈夫です。

    %e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_102

    私の場合は1点だけ「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れたくらいです。

     

    基本はまあそのままでも大丈夫じゃないでしょうか。

    これでブログを更新していけば、適切にGoogleにサイトマップを送信して検索に認識されるようになります。簡単ですね。

    続いてユーザーのための目次用「サイトマップ」

    さて続いては、ブログへの訪問者のための「目次」用の「サイトマップ」です。

    この目次的なサイトマップも、「これがないブログは評価しないよ」と、Google神がはっきりと宣言しておられるので、必ず設置しておきましょう。

    といっても、こちらも「プラグイン」で一発解決です。

    PS Auto Sitemap」というプラグインを使えば簡単です。


    このプラグインをインストール・有効化したら、WordPressの「ダッシュボード」左下の「設定」から「PS Auto Sitemap」を選択して下さい。

    %e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_103

    設定画面の一番下に、このように説明がありますので、

    <!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

    ↑この部分をコピーしておきます。

     


    次に「固定ページ」の「新規追加」をして、

    %e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_107

    必ず「テキストモード」に切り替えてから、

     



    このように、

    ①記事タイトルに「サイトマップ」と記入して、

    ②投稿欄にさきほどコピーしておいた文字列を貼り付け、一度「下書きを保存」。

    ③すると、この部分にパーマリンクが表示されます。

    ここでポイント!

    パーマリンクは「日本語」だと表示が長くなってしまってSEO的にも良くないので、ひと手間加えます。

    先ほど表示されたパーマリンクの横に表示されている「編集」をクリックして「英語」に変えておきましょう。


    これを、、、。


    こんな感じにします。

    横にある「OK」をクリックすると、、、。


    はい、こうなります。


    ここまでやったら「公開」してください。

     

    「サイトマップ」を「公開」したら、一度「サイトマップ」の編集画面に戻り、上部アドレスバーを見てみると、

    %e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_105

    このように表示されている中に数字が記載されているので、この数字をメモっておきます。

    私の場合は「4ケタ」の数字でしたが、ここはパターンはいろいろです。「2ケタ」や「3ケタ」の場合もあります。
     

    【もしこのように数字が表示されていなかったならば、、、?】

    その時は「パーマリンク設定」を見なおしてください。
    →WordPress(ワードプレス)パーマリンク設定!最も簡単でおすすめはコレ!

    今度は「PS Auto Sitemap」の設定画面に戻って、

    %e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_108

    「サイトマップを表示する記事」という項目に、さきほどメモった数字を入力して、

     

    %e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_109

    下の方にある「スタイルの変更」でサイトマップのデザインを好みに合わせて変更して、最後に必ず「変更を保存」するのを忘れずにクリックしましょう。

    これで自動で目次用の「サイトマップ」が生成させるようになりました。

    でも、まだ「生成」されただけなので、最後にブログの「グローバルメニュー」に表示させるようにしましょう。

    やり方は簡単です。こちらをどうぞ。
    →WordPressにメニュー(グローバルナビ)を設置する方法

    まとめ

    同じ「サイトマップ」という名前ですが、役割が違うものなので、混同しないように!

    どちらも「検索に関わる重要な項目」なので、忘れずにキッチリと設定しておきましょう。

    とはいっても、このようにプラグインを使ってしまえば非常に簡単ですね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    万次郎式コンテンツ(PDF)販売中

    万次郎が作成したリーズナブルなコンテンツ売ってます。