Ubuntuでのスクリーンショットは画像編集も可能な高機能な「Shutter」を使おう!

ブログをやっていると度々というか、かなり使うことになるスクリーンショット機能。

無料のOSのUbuntuの場合、超絶高機能なソフトのその名も「Shutter」(シャッター)というソフトを使えば、なんにも問題ありません。

ていうか、これスゴイ便利ですよ。

何でも出来る物凄い高機能ぶり!

この「Shutter」というスクリーンショット取得ソフト、ただのスクリーンショットを撮るソフトとは一味も二味も違います。

もちろん通常の「スクリーンショットの取得」が出来るのは当然なんですが、その他の機能が超充実してるんですよ。

簡単に言うと、画像の編集機能がかなりスゴイ。

テキストの挿入(日本語でも英語でもOK!)

簡単な図形や矢印の挿入

隠したい箇所に「ぼかし」などを挿入

といったことまで、このShutterで出来てしまいます。

さらに凄いのが、この画像編集機能、取得したスクリーンショットだけでなく、自分で撮影した画像やネットからダウンロードした画像など要するにパソコン内に保存してある画像なら何でも編集出来てしまうんです。

無茶苦茶便利です。

Linux、Ubuntuでブログを書いていくなら、もはや必需品な超高機能なShutter。

実際の使い方を見て行きましょう。

実際に使ってみる

Shutterのインストールですが、

ソフトウェア

Ubuntuソフトウェアセンター

Synapticパッケージマネージャー

いずれの方法であっても、それぞれの検索欄に「Shutter」と入力して検索してインストールするだけなので、超簡単ですね。

起動時のみ、プラグインを読み込むので多少時間が掛かりますが、まあたいしたことはありません。

まずは起動したShutterの画面です。

基本的には左上の3つのアイコン、

範囲の選択

デスクトップ

ウインドウ

をクリックして、それぞれ画面キャプチャの範囲を任意に指定したり、デスクトップ全体をキャプチャしたり、開いているウインドウを指定してキャプチャしたりします。

まあ、スクリーンショットソフトとしては基本的な機能ですね。

特に説明することもないです。

普通に使いやすいです。

画像編集機能を使う

では、画像編集機能を使ってみましょう。

ここでは私のブログをブラウザで開いて「範囲の選択」で記事をキャプチャしてみました。

編集する場合は、このように右上の「絵の具」のアイコンの「編集」をクリックします。

 

編集画面は、このように様々なアイコンが並んでいます。

 

ちょっと分かりにくいですが、よく使う機能の「テキストの挿入」、「ぼかしの挿入」、「矢印」や「線」の挿入でこんな感じに説明を加えることが簡単に出来てしまいます。

さらに、この編集機能は撮ったスクリーンショットだけじゃなく、パソコン内にある画像も編集出来るので、試しに無料でダウンロード出来る画像で遊んでみました。

、、、、、、、。

 

目に「ぼかし」を入れるだけで、何だかヤバそうな画像になりますね。

他の画像を編集するときは、その画像を右クリックすると、どのアプリで開くか選択出来るので、そこで「Shutter」を選択すればオッケーです。

まとめ

UbuntuなどのLinux OSでブログを書くならば、このShutterは入れておいて間違いなし!な高機能なスクリーンショット取得ソフトです。

画像のサイズを変更するMirageや、画像に文字入力が簡単に出来るrgbpaintなどと、使い分けていけば、ブログで画像の編集時に困ることはないでしょう。

確実にブログライフが捗るようになりますよ。