永久保存版!WordPress(ワードプレス)の始め方!初心者が最も簡単に始める方法

WordPress(ワードプレス)をブログ初心者が最も簡単に始めることが出来るオススメの方法とは何か?

今回は難しいと感じてしまいがちな「レンタルサーバー」と「独自ドメイン」について、一番シンプルでかつ安心な組み合わせにして、とにかくサクッとWordpressを開始する始め方を紹介します。

まずは「レンタルサーバー」と「ドメイン」を契約しよう!オススメは、、、?

 

まずWordPressを始めるために必要なものは、WordPressという無料で使えるブログ作成ソフトを入れる(インストール)ための土地または建物にあたるサーバー」を用意しなければなりません。

サーバーは、自分で作り出すことも可能ですが、24時間365日稼働させておかなければならないものだし、自分で作るのは何よりも面倒くさいので、月額制で業者からレンタルしてメンテナンスなどを丸投げしてしまう「レンタルサーバー」を契約してしまうのが「楽」でオススメかつ現在の主流です。

→レンタルサーバーについて

 

続いて必要なものは、WordPressを入れておくそのレンタルサーバーにインターネットでアクセスするための、言わば「住所」である「ドメイン」、その中でも「あなただけの住所」になる独自ドメイン」というものが必要になってきます。

→独自ドメインについて

 

で、「レンタルサーバー」も「独自ドメイン」も、扱っている業者が多種多様で、どの業者と契約するか?だけで悩んでしまって中々進まない!

ということを回避するために最もシンプルかつ簡単でオススメの組み合わせは何か?というと、、、、。

先ほどリンクしたそれぞれの記事でもお伝えしましたが、レンタルサーバーと独自ドメインを同じ業者で揃えるのが最も「楽」で簡単です!

何が「楽」で簡単かというと、

面倒くさい「ネームサーバーの設定」なるものが不要
決済をまとめることが出来る

こういったメリットがあります。

デメリットとしては、キャンペーンをよくやっている他のドメイン業者に比べると、ほんの少し(特に初年度が)「割高」であること。

とはいえ、「独自ドメイン」の金額なんて年額で1,500円ほどなので、年間たったの数百円ほどの「差」でしかありません。

たったそれだけの金額で上記の面倒なことをスルー出来るので、業者を揃えるのがオススメですよ。

さて、では最もオススメの業者はというと?

エックスサーバー(Xserver)です。

 

ここは、多数のアクセスがあろうとビクともしない「安定性」と、それに対する「価格」とのバランスが秀逸

プランの中でも一番安い、X10プラン月額1,000円前後)で充分すぎるほどです。

複数のブログを起ち上げて運用して、それぞれがそれなりにアクセスを集めても全く動じることなく安心して運用出来ます。

ちなみに私のところでは、夫婦でそれぞれ複数のブログを一つのエックスサーバーのX10プランで運営しています。

→エックスサーバーで複数のドメインを取得してWordPressで複数ブログを!

 

というわけで、WordPressを始めるのに最も「簡単」で「楽」に開始するには、「レンタルサーバー」をエックスサーバーのX10プラン、「独自ドメイン」をエックスサーバー内で契約出来る独自ドメインにして始めるのがオススメですよ。

エックスサーバーと契約して独自ドメインも紐付けて簡単にWordPressを始める!

では実際にエックスサーバーのX10プランと契約して、そのままそこで「独自ドメイン」も契約・紐付けしてサクッとWordPressをインストールしてブログを開設するまでの具体的な手順に行きましょう。

作業に入る前に、

Gmailなどのメールアドレス
決済可能なクレジットカード

をお手元に用意しておいてください。

用意が出来たら早速いきましょう!

 

まずはエックスサーバーの公式ページにアクセス。

 

時期によっては初期費用半額キャンペーンもしくはプレゼントドメインキャンペーンをやってます。

 

エックスサーバーのトップページの上部グローバルナビにある「お申し込み」にマウスを這わせると出てくるプルダウンから「お申し込みの流れ」をクリック。

 

続いての画面。

こちらに契約までの流れが、分かりやすく書かれています。
基本的には、この番号に沿って進めていけば完了です。

分かりやすいですね。

さらに下にスクロールしていくと、、、。

 


ここの「お申し込みフォーム」をクリック。

 

初めてエックスサーバーをご利用の方」の、「サーバー新規お申し込み」をクリック。
 

ご覧のとおり「無料お試し期間が10日間」ありますので、安心ですね。

 

まずは「契約内容」の入力からです。

サーバーIDは「半角英数の小文字」で入力します。ご自分の好きな文字列でいいですが、後で変更出来ませんのでご注意を。

プランは「X10」でオッケーです。

 

続いては「会員情報」を入力していきましょう。
ここは正確に入力していくだけなので特に難しくはないでしょう。

 


さらに下にスクロールしていくと、

利用規約」「個人情報の取扱いについて」に同意する

という蘭があるので、忘れずにチェックを入れておきましょう。
 

ここでは例なので記入等していませんが、ここまでキチンと入力出来ていて、最後の「個人情報の取り扱い」蘭にも忘れずにチェックを入れていれば、全てが緑色に変わります。

 

ここまで確実に入力出来ていれば、最後の「お申し込み内容の確認」がクリック出来るようになりますので、これをクリックします。

次に最終的な「入力内容の確認」画面になりますので、全部をチェックして誤りがなければ、下に出る「お申し込みをする」をクリックすれば、お申し込みは完了です!

 

登録時に記入したメールアドレス宛に、このようなメールが届いていると思います。

このメールが届いた時点で、10日間のお試し期間のスタートです。

この無料期間内に代金(初期費用+数カ月間の月額料金)を支払えば、本契約になり、支払わなければ、そのまま破棄になるだけなので、ここまでは本当に気軽に試すことが出来ますね。

また、代金を支払って本契約をスタートさせた場合も、このメールに記載のある登録情報は変わりませんので、この内容というのは「超重要」になります。

忘れずに「保存」しておきましょう!

続いてそのままエックスサーバーで「独自ドメイン」を取得しよう!

さて、エックスサーバーのX10プランと契約(無料お試し期間含む)したことで、エックスサーバーの「インフォパネル」と「サーバーパネル」にアクセス出来るようになりました。

続いては、そのまま「独自ドメイン」を取得しちゃいましょう。

簡単です!

Xserverから届いたメールに、このようにインフォパネルへのアクセスのための
メールアドレス
パスワード
インフォパネルへのURL

が記載されています。

取り敢えず、パスワードをコピーしておいてから、インフォパネルへのリンクをクリックしてインフォパネルへ入りましょう。

 

こんな画面が出ますので、メールアドレスを記入して、さきほどコピーしておいたパスワードを貼り付けてから「ログイン」ボタンをクリックします。

 

これがインフォパネルのトップページです。

左側の「契約関連」にある「追加のお申し込み」をクリック。

 

「利用規約」や「個人情報の取り扱い」についての記述があるので、良く読んで「同意する」をクリック。

 

真ん中の「ドメイン」のところの「新規取得」をクリック。

 

このように「主要なドメイン」の金額が表示されているので、上部の検索窓と、その後に続くプルダウンを操作してあなたのお好みのドメイン名を検索してください。

特にこだわりがなければ、一番安い「.com、.net、.org、.biz、.info」でいいんじゃないでしょうか?

 

こんな感じで検索します。

 

すでに取得されているドメイン名だった場合は、こんな感じで取得出来ない旨を教えてくれます。

 

取得出来るドメイン名なら、このように知らせてくれるので、それで良ければそのまま「●●(ドメイン名)を申し込む」ボタンをクリックしてください。

 

あとは、画面の指示に従って「取得」、インフォパネル左側にある「決済関連」から「料金の支払い」に進み、クレジットカード決済にて精算を済ませれば「独自ドメイン」の取得は完了です!
 

エックスサーバーX10プランの支払いもここから出来ます。

 

別のドメイン業者でドメインを取得すると、確かに金額的には多少安いのですが、この後さらに「ドメインの移行手続き」、「ネームサーバーの登録」などの作業をしなければなりません。

でも、エックスサーバー内で取得したドメインの場合はそれらが一切不要です。

ここが「楽ちん」なんですよね。

それでは次に進みましょう。

後少し!最後に「ドメインの登録」とWordPressのインストール!

さあ、ここまで来れば後少し!

大事な「レンタルサーバー」と「独自ドメイン」は用意しました!

あとはこれをちょこっと設定してWordPressをインストールして準備完了です。
もうちょっとだけ頑張りましょう!

まずは取得した独自ドメインをエックスサーバーに紐付けます。

エックスサーバーから届いた大事なメール内に、「サーバーパネル」へアクセスするための、
サーバーID
パスワード
サーバーパネルへのURL

が記載されていますので、「インフォパネル」へのアクセス時と同じようにパスワードをコピーして、サーバーパネルへのリンクをクリックします。

 

サーバーパネルのトップページです。

右の方にある「ドメイン設定」をクリックします。

 

右の「ドメインの追加設定」をクリックします。

 

取得したドメインを入力した後に、右下の「ドメインの追加」をクリックします。

あとは次の画面で「確定」ボタンを押すだけです。

 

何度も言いますが、エックスサーバーで取得したドメインならば、設定はこれだけでオッケーです。

他社で取得したドメインの場合、ネームサーバーの設定もしなければなりませんが、この場合はこれで完了です。

続いて「PHP Ver.切替」に行きましょう。

 

サーバーパネルのトップページに戻りましょう。(左上に表示されている「ServerPanel」と書いてある文字をクリックすれば、いつでもトップページに戻れます。)

トップページ下の方にある「PHP Ver.切替」をクリックします。

 

さきほど紐付けた「ドメイン名」が表示されているので、右側の「選択する」をクリック。

 

対象のドメインの「現在のバージョン」と「変更後のバージョン」が表示されているので、「変更後のバージョン」の方をプルダウンから選択して、右側の「PHPバージョン切替」ボタンをクリックすれば変更出来ます。
 

変更後のバージョンが「推奨」になっていれば基本的にそのまま変更しなくて大丈夫です。

 

ここまでやれば、最後はWordPressのインストールのみです。

いよいよ最後にWordPressの簡単インストール!

さて、いよいよWordPress自体をサーバーにインストールして準備は完了となります。

と言っても、エックスサーバーには「簡単インストール機能」が搭載されているので、文字通り、拍子抜けするほどに簡単です!

早速行きましょう。

 

エックスサーバーにあるマニュアルの通りにやるだけです。

サーバーパネルのトップページ下の方の「自動インストール」をクリックします。

 

ドメイン名を選択します。

 

右側の「プログラムのインストール」をクリック。

 

「WordPress日本語版」の「インストール設定」をクリックします。

あとは上記エックスサーバーのマニュアル通りに必要事項を記入して、最後に「インストール」ボタンを押せばオッケーです。

 

勘違いしがちなところですが、マニュアルを良く見れば書いてありますが、このように「データベース」を新規に作っておく必要はありません。

自動でデータベースを生成する」にしておけば、そこも勝手にやってくれるので無茶苦茶簡単です。

最後に完了画面が表示されてWordPressのインストールは、これにて完了です!
 

マニュアルでは、「この後表示されるリンクをクリックしてログイン画面からWordPressのダッシュボードに移動する」旨が書いてありますが、インストール直後から設定が反映されるまでは少々時間が掛かります。
この時間は場合によって違います。(数時間後にログイン出来る場合もあれば、24時間ほど待たなければならないときもあります。)

 
なので、ログイン出来ないからと言って、「失敗したのかなあ?」と焦る必要はありません。

ここまで設定出来た自分を褒めつつ、また余韻に浸りながら気長に待ちましょう!

これにて、レンタルサーバーの準備、独自ドメインの取得、そしてWordPressのインストール、全て完了です!

大変お疲れ様でした!