WordPress初心者にこそおすすめ!おしゃれな有料テーマNew Standard

WordPressのテーマ選び、いっぱいありすぎて迷ってしまいますよね。

これからWordPressを始めよう、という初心者の方にこそ使ってほしいのがサポートが充実した「有料」のテーマ。

中でもおしゃれなブログが簡単に作れる「New Standard」というテーマは、デザインが素晴らしく、またSEOも対策済みで本当におすすめなテーマです。

実際にこのブログのテーマ(テンプレート)として使ってみることに!

WordPressのテーマを良く知るには、実際に使ってみるのが1番!

ということで、このブログのテーマ(テンプレート)を、この「New Standard」に実際に変更して使ってみることにしましたよ。

百聞は一見にしかずです。

いろいろとブログ内を見てください。
 

注意
現在は無料テーマのGodios.に変更しています。

 
はっきり言ってまだまだNew Standardの機能を使い切れていないのですが、まずなんと言ってもデザインが良くないですか?

いや、私のブログ自体のデザインセンスじゃなくて、このNew Standardが持つ、シンプルで飽きのこないデザインが、という意味です。

全体のパッと見の印象、アイキャッチの大きさ、サイドバーのデザイン、サイトの幅などの見た目もさることながら、文字(テキスト)、行間、などの記事の読みやすさなどなど。

個人的な意見ですが、シンプルで落ち着いていて、なんとなくおしゃれ。

これ、特にデザインを大きくイジったりはしていません。
(文字の大きさや色など、テーマ内の設定で変更出来るところだけ、ちょっと変えただけです。)

デザイン的には、ほぼNew Standardのデフォルト設定です。

ということは、このテーマを導入するだけで誰でもこの雰囲気のサイトが出来上がるということ。

このデザインが好みならば、それだけで導入の価値がありますね。

New Standardの設定項目の多さ

このNew Standard、設定がとにかく「楽」!

ここも百聞は一見にしかず。

まずは見てください。

このようにダッシュボードに行くと、通常の「設定」項目以外にNew Standard独自の「テーマ設定」が表示されます。

 

各「テーマ設定」項目を見てみると、、、。(画像はクリックで若干ですがクリアに見えるようになります。)

「サイト設定」です。

ご覧のように

Facebook
Twitter
Instagram

の各アカウントと連動させて、SNSでシェアされたときに正しくアイキャッチ画像などを表示させる機能(OGP機能)が標準搭載。

そしてさらに、SEO機能も!

このようなSEO的な項目を各記事ごとに設定することが可能です。

またサイト管理の項目では、

GoogleアナリティクスID
Googleサーチコンソール

のコードをここにコピペで貼るだけ!

これがないと、いちいち「外観」から「テーマの編集」に行き、「footer」や「header」の各コード類とにらめっこしながら、間違えないように慎重にコードを貼り付けなければならない、といった初心者には苦行でしかない設定をしなければなりません。

こういうところは非常にありがたい設定ですね。

またその他にも、、、。

「表示設定」。たくさん変更出来ます。

 

「フロントページ設定」。スライダー機能もついてます。

 

「投稿設定」。文字の大きさはここで簡単に変更出来ます。

 

「CTA設定」。Call To Action(コール トゥ アクション)の略。

要するに記事を訪れてくれた人に、何かを提案するコンテンツを設定出来るということ。

このようにキッチリと作れて、これを記事ごとに設定することも出来ます。

さらに、、、。

「FAQ」。質問と回答を記事に加えることが出来ます。

この機能なんかは、WordPress初心者のみならず、LP(ランディングページ)作成をこなす中級者以上の人にも便利な機能です。

まだまだ!投稿画面も使いやすい!

WordPressで最もよく使う「記事投稿」画面でもNew Standardは使いやすいです。

簡単操作で、シンプルで綺麗な装飾を加えることが可能です。

投稿画面右上にある「ショートコード」ボタンから「カラム」分けが出来るのは朝飯前で、さらに、、、。

「ボタン」を選択すると、、、、。

こんなにバリエーション豊かなボタンを作成出来ます。

ショートコード下の段にある「ボックスを作成」を選択で、、、。

 

こちらでも「囲み」が出来るんですが、、、。

 

ここでは、さらに細かい設定が出来て、、、。

 

こんなカスタマイズも超簡単に出来ちゃいます。

 

また、記事にアクセントを生む「マーカー」と「ハイライト」の使い分けで、、、。

ご覧の通りです。

強調したいときなどは重宝しそうです。

これだけの機能を使い分け出来れば、文章の表現力で困ることはなさそうですね。

まだまだNew Standardの機能としては、超簡単にネットショップを起ち上げることが可能な「BASE」との連携機能もあります。

BASE

New StandardはWeb集客のプロフェッショナルが作成!

このNew StandardというWordPressテーマは株式会社ninoyaというWebマーケティングやWeb集客のプロフェッショナルが手がけたテーマです。

なので、、、。

いい加減なテーマなど作り得ない!

ということ。

これまで見てきたように、

SEO
設定項目の多さ&使いやすさ
投稿画面の使いやすさ&表現力

いろんな面で、ブログ運営者の「使いやすさ」を考えて作られていて、なおかつブログに訪問してくれる人の「見やすさ」にも徹底的にこだわって作られています。

New Standardの公式ページ

株式会社ninoyaの公式ページ
 

公式ページを見ていただけると分かりますが、私のブログが霞んで見え、、、ということではなく、とにかく綺麗にサイトを仕上げることが可能なんだ、とお分かり頂けるのではないでしょうか?

そして公式ページを見ると何となく分かると思うんですが、このNew Standardのテーマにある一貫したコンセプトというのが、

WordPress初心者でも使いやすいテンプレート

という想いがあるように私は思います。
 

だからこそ、テンプレートの単品購入だけには留まらない様々な「サポートコース」が用意されているんだと。
これからは個人でもブログやサイトで発信していくのは、非常に有益!
さらにその中でもWordPressが一番効果が高くておすすめだよ!

でも、そこで躓いてしまったのでは、本当にもったいない!

だから、サポートを利用するなり、マニュアルを見ながら自分でやってみるなりして、とにかくWordPressでブログをやってみよう!

そのために、このNew Standardを活かしてみないかい?

 
ということなんだと、私なりの解釈をして、「うんうん、全くそのとおりだ!」と勝手に頷いているんですよね。

New Standardは決して「安価」ではない!

そんな私の勝手な解釈はさておき、このNew Standard、ただひとつの難点が、、、。

それは決して「安価」ではないこと。

そのお値段はテンプレート単体(最新版のVer2)で、¥ 18,900です。
(最安値の旧バージョンVer1ならば、¥ 9,980です。)

最新のVer2のお値段は、他のWordPressテーマと比べても、確かに若干割高に感じるかもしれません。
(とはいえ、その機能や使いやすさを考えると一概に”高い”とは思いませんが)

それでも、このテーマは私自身が使ってみて、本当にいいな、と思えるWordPressテーマだと思います。

そこで、

4XDB3LT9

このクーポンコードを購入時に入力していただくと、New Standard全商品が10%引きになります。

New Standard全商品はこちら

ここにあるテンプレート単品だけでなく、全ての商品(各サポート付きコース含む)に10%引きが適用されるので、ぜひご利用ください。

まとめ

WordPressって、いざ始めようと思っても、設定やらプラグインやら、何かしらのことで悩まなければならないわけですが、その設定などもかなりの部分で、テーマが関わってくるんですよね。

WordPressは結構な部分で「テーマありき」が多いということ。

そのかなり重要な要素であり、WordPressの中核をなす「テーマ(テンプレート)」選びで
迷ったら、クセがなく、誰が使っても使いやすく、Web集客のプロが作った、まさに文字通り「スタンダード」になり得るWordPressテーマのNew Standard。

もし自分だけでやっていくことに、ちょっと自信がないならば、最初からサポート付きコースという選択肢もあります。

私はこのテーマは、特に「WordPressをこれから始めたい」という人に強くおすすめなテーマであると思うんですよね。

最後に、、、。

このNew Standard、私自身かなり気に入って使ってます。これから使い倒していこうかな?と思います。