「お問い合わせ」をワードプレスに設置するプラグイン「Contact Form 7」

ワードプレスに「お問い合わせフォーム」を設置する定番プラグインと言えば「Contact Form 7」です。
そのContact Form 7の設置方法と使い方を見ていきましょう。

まずは「Contact Form 7」のインストール

では早速インストールから!

WordPressにログインして、管理画面(ダッシュボード)の左側にあるメニューから「プラグイン」→「新規追加」を選択してクリック。

プラグイン一覧画面の右上の「検索窓」にContact Form 7と入力します。
すると、「富士山」のようなアイコンが印象的な「Contact Form 7」が表示されますので、「今すぐインストール」をクリック。

続いて「有効化」をクリック。
はい、インストール自体はこれで完了です!超簡単ですね。

続いて「Contact Form 7」の設定にいきましょう。

「とりあえずこれでいい!」Contact Form 7の設定

さて、インストールが完了したら、続いては設定です。

さきほどインストールが完了した直後に「インストール済みプラグイン」の一覧画面になっていますので、その中にある「Contact Form 7」の「設定」をクリック。

こんな画面になるので、下の方の真ん中にある「コンタクトフォーム1」をクリック。

次はこんな画面。

下の方の設定は、デフォルト(初期状態)のままでオッケーです。

タイトル名だけ変更しておきましょう。ここは何でも好きなタイトルで大丈夫です。ここではシンプルに「お問い合わせ」にしておきます。

ここまでやったら、下の方にある「保存」を忘れずにクリックしておきましょう。

一度「保存」したら、再度この「設定画面」にいきましょう。
やり方は、、、。

ダッシュボード左側のメニュー内に「お問い合わせ」蘭が新設されているので「コンタクトフォーム」をクリック。

先ほどの「コンタクトフォーム1」になっていた箇所が「お問い合わせ」になっているので、それをクリック。

設定内の、この赤枠内の文字列の最後が「お問い合わせ」となっているのを確認したら、その文字列上にマウスポインタを置いて「右クリック」から、この文字列をコピーしておきます。

さて、これにて「Contact Form 7」のの設定&準備が整ったので、続いて設置にいきましょう。

続いては「Contact Form 7」の設置!

次は実際にContact Form 7を設置してみましょう。

WordPressのダッシュボード左側から「固定ページ」→「新規追加」をクリック。

手順としては画像の通りです。

  1. 「タイトル」を「お問い合わせ」(好きな言葉でオッケー)と記入
  2. 本文蘭に先ほどコピーしておいた文字列を貼り付ける
  3. 「パーマリンク」の末尾が「日本語」になっているので書き換える為に「編集」をクリック

3.のパーマリンクの変更は、別に「必須」ではありません。このままでも構わないのですが、このままだと自分のブログ内で、「お問い合わせ」ページにリンクさせたいときに、リンクのURLが異様に長くなってしまうので、アルファベットに変えておいた方が何かといいからです。まあ、単に「見てくれ」や「こだわり」といったところです。

3.の「編集」をクリックすると、、、。

このように書き換えることが出来るので、画像のように「contact」(好きな言葉をアルファベットで!)とでもしておきましょう。
書き換えたら、その横の「OK」をクリック。

すると、

このようになります。これでオッケーです。

ここまで出来たら、最後に一番右にある「公開」をクリックしましょう。

試しにこのページを「表示」させてみると、、、。

このようにキチンと「お問い合わせフォーム」が表示されているのが確認出来ます。
(見た目などは「テーマ」(テンプレート)によって違います)

最後に「お問い合わせフォーム」にアクセス出来るようにしよう

これで「お問い合わせフォーム」の設置完了!ではないんです。

このままでは、せっかく作った「お問い合わせフォーム」への「入り口」が存在しません。
なので、入り口を作ってあげましょう。

最も一般的な「上部メニューバー」に設置してみましょう。

肝心なやり方についてはこちら↓
→WordPressにメニュー(グローバルナビ)を設置する方法

ここまで出来たら、全て完了です!

手順だけ見ると、やることも多くて大変そうですが、やってみるとそれほど難しい内容ではないことが分かると思います。

ブログに「お問い合わせ」を作ることは、ブログを読んでくれるお客さんと、ブログの作り手である運営者との、コミュニケーションのためでもあります。

ブログ運営においては必須でもある項目なので必ず設置しておきましょう。