ワードプレスに超絶おすすめなプラグイン「AddQuicktag」

ワードプレス(WordPress)ってプラグインが多すぎ!こんなに多いと何が必要で何が不要なのか分からないですよね?

で、数あるプラグインの中でもこれはおすすめ!と、自信を持って言えるプラグインが「AddQuicktag」なんですよ。

もうね、「おすすめ!」いや、「必要!」いいや、これはもう「必須でしょ?」と言っても過言ではないでしょう。

AddQuicktagは記事書きが捗るプラグイン

ところで「AddQuicktag」ってのはどんなプラグインなんだい?

簡単に説明すると、記事書きが捗るプラグインだと言うこと。

そして使い方も無限大で、人によって様々な使い方があるだろうし、アイデア次第で何でも出来る!とまでは言わないまでも、いろんなことがこのプラグイン一つで出来ちゃうんです。

と言われてもピンと来ないかもしれないので、超ザックリ言うと何でもショートコード化出来るプラグイン。

ブログやサイトで記事を書いていると、文字の表現方法で迷ったり悩んだりすることってありますよね?

例えば、、、。
文字の装飾(赤字にしたり、マーカーを引いたり)
見出しの効果的な挿入
強調させる表現として「囲み」を入れる
また「見出し」付きの「囲み」を挿入する

みたいなことをサクッと出来たら、記事書きが捗ると思いませんか?

それが「サクッ!」どころか1クリックで挿入出来てしまうようにするのが、このAddQuicktagです。

で、上記のようなことってネット上に「コード」がたくさん公開されています。それらをコピーして、このAddQuicktagに登録して、ボタン化しておけば、どんなデザインの装飾やボタンなどでも何でも1クリックで挿入出来るようになるので、表現に迷うことは無くなると思います。

ていうか、記事書きが滅茶苦茶捗るようになるんですよ。

まあ、百聞は一見に如かず!!

実際にこのAddQuicktagを導入してみましょう!

プラグインAddQuicktagの導入

プラグイン自体の導入は超絶簡単!


まずはWordPressのダッシュボード左にあるメニューから、「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

続いて、

右上にある検索窓から「AddQuicktag」と検索。

すると、


このアイコンのAddQuicktagというプラグインが表示されるので、「今すぐインストール」をクリック。

最後に、


「有効化」をクリックすれば完了です。
AddQuicktagのインストールはこれだけ!簡単ですね。

続いてAddQuicktagの使い方

では、早速AddQuicktagを使ってみよう。

と、その前に、、、。

このAddQuicktagは、かなり多岐に渡った使い方が出来るので、全部の説明というのは流石にしてられません。
そんなわけで、ここでは、
・ テキストエディタ(テキストモード)での使い方
・ 良く使うコードのボタン化

この2点だけに絞って説明します。この2点だけでも、記事書きの効率はかなり上がることは間違いないです。

まずは「設定」画面へ。


ダッシュボードの「プラグイン」からAddQuicktagの「設定」をクリック。

すると、こんな画面が出ます。↓


はい、意味が全く分かりませんね。

でも必要なところは、赤字で数字を付けた、
1. ボタン名
2. 開始タグ
3. 終了タグ
4. チェックマーク

以上の4つだけです。

とはいえ、いきなり「開始タグ」や「終了タグ」などと言われても良く分かんないですよね?なので実際の例を上げながら説明しますね。

文字に黄色のマーカーを付けるボタンを作る場合

ここでは仮に例として、文字に黄色のマーカーを引きたい!とします。

ネットの検索で「黄色のマーカー html」などと調べると、すぐにコードは分かります。

例えば、「黄色のマーカー」という文字にマーカーを引くとしたら、

<span style="background-color: #ffff00;">黄色のマーカー</span>

↑こうなります。

この場合、開始タグが<span style="background-color: #ffff00;">
終了タグが</span>になります。

では、早速AddQuicktagに登録してみましょう。

さきほどのAddQuicktagの設定画面に行き、


↑このように設定します。(赤枠のところだけで基本的に大丈夫です)

右側の沢山のチェックマークは、一番右のだけにチェックを入れると、自動的に全部にチェックが入ります。

設定はこれだけ!「変更を保存」を忘れないように。

では、実際に記事の編集画面で使ってみよう!

早速「投稿の編集」画面にいき、適当に文字を書いてやってみます。


ほうら、「黄色のマーカー」ボタンがきっちり出来ているじゃないの!


続いて、このように、
1. マーカーを入れたい文字列をマウスでドラッグして反転させ、
2. その状態で「黄色のマーカー」ボタンをクリックします。

すると、、、


こうなりますね。

早速プレビューしてみると、、、。


はい、完璧ですね!きっちりと文字に黄色のマーカーが入っていますね。

まとめ

今回は簡単に黄色いマーカーで説明しましたが、このAddQuicktagは本当にいろんなことに応用が出来ます。
・ 囲み枠
・ 文字の色付け
・ 広告コードの挿入

などなど、記事の表現力をアップさせたり、単純に記事書きの能率をアップさせたり、使う人のやり方次第で様々なことに役立てることが可能です。

使ってみると分かるAddQuicktagの便利さ。
一度使うと、もはや手放せなくなりますよ。ぜひお試しあれ!