Linuxを入れたジャンクPCの使い道を考えたら「ブログで収入」に行き着いた

    Linuxという無料のOSを数年前から愛用していますが、そのLinuxをインストールしたジャンクPCの使い道をいろいろ考えたら、、、、。

    ブログで収入」という方法に行き着いたんですよね。

    これ、かなり「効果的な」使い道だと思います。

    Linuxは「Windows」や「Mac」ではない

    当たり前ですけど、このLinuxという無料で使えるOSは、WindowsでもMacでもありません。

    ということは、当然Windows用のソフト、Mac用のソフトなどは「基本的には」使えません。

    icon-check3-pMicrosoftのOffice

    icon-check3-piTunes

    などの有名どころのソフトはLinuxでは動かないです。

     

    でも、、、、。

    似たようなソフトはLinuxにいくらでもあります。

    また、Linux専用のソフトもかなりたくさんあって、そのほとんど全てがOS含めて無料で誰でも使えるというのがLinuxのいいところ。

     

    そして、一番使えるな、と思うことは、LinuxのOSには、種類が非常にたくさんあって、そのほとんどがキッチリと数年間の「サポート期間」が設けられていることです。

    無料で使える上に、なんと太っ腹なのか!

     

    そしてLinuxは、世の中に出ているパソコンのほとんどに普通にインストール出来て、普通に使えます。

    マイクロソフトがサポートを打ち切った「WindowsXP」、または今後確実に打ち切られる予定の「WindowsVista」や10にアップグレードしなかった「Windows7」が入っているパソコンをまだまだ使い続けることが可能なんです。

    では、そのLinuxをインストールしたパソコンで何をしたら一番いいのか?ということを考えてみたワケです。

    Linuxだから出来ることは?

    何かLinuxだから出来る利点を考えていくと、必ず出てくるのが、

    それならWindowsでいいんじゃないの?

    という意見です。

     

    それは確かにごもっともです。

    なので「Windowsが使いやすいなら無理してLinuxでやる必要はない」のですが、Linuxだから出来ることを利用しつつ、「Windowsと同じように出来る」作業をすればいろいろと「便利」なのは間違いないです。

    要するに、役目を終えた(サポートが終わった、または終わりそうな)WindowsマシンLinuxマシンに変えて、サポートを受けることが出来る安全な環境を作りつつ、Linuxでも十分に出来る作業をすればいい。

     

    そうすれば、何も最新のパソコンなんて用意しなくても、ちょい古なパソコンを活用出来るし、ウイルスに強くて起動も早い「気軽な」環境が格安または無料で用意することが可能です。

    Linuxには、様々なOSの種類があって、ちょい古PCでもサクサク動く「軽量」で使いやすいOSなんて、たくさんありますからね。

    と、ここでポイントとなるのが「ブラウザ」です。

    Webブラウザがあれば何でも出来る

    最近のパソコンを取り巻く環境は、一昔前に比べてだいぶ変わりました。

    それが

    ブラウザがあれば何でも出来る

    ということ。

     

    Linuxでは、「Chrome」や「Firefox」などのメジャーなブラウザがWindowsと変わらずに使うことが可能です。

    もうこれがかなり大きいです。

    今や、この2大ブラウザさえあれば、ホントに何でも出来てしまいますからね。

     

    それに加えて、「Skype」、「GIMP」、「Inkscape」などの高機能なソフトなんかもLinux版があって普通に使えて、さらには「LibreOffice」、「KingsoftOffice」などのフリーのオフィスソフトも使えるので、いろんな面で「困る」ことがないです。

     

    で、ここからが本題。

    高機能なブラウザがあれば出来る作業で、OSを問わない作業となると、もう「ブログ」が最適です。

    ブログの運営に、「OS」なんていうのは、全く関係がないです。

     

    無料ブログも然り、またレンタルサーバーを借りて運営するWordpressも然りです。

    「メモ帳」で記事の下書きをして、「フリーソフト」で画像を編集して、それらを「ブラウザ」を使ってアップロード(更新)するだけです。

    「メモ帳」も「画像編集」もLinuxにもいくらでも高機能なソフトが山ほどあります。

    OSなんてホントに関係ないワケです。

    Vista後期のパソコンなら「メイン」でイケる

    ブログが主体の作業なら、それほど高機能なパソコンは必要ないですね。

    ということで、狙い目はWindowsVista後期のパソコンです。

    放っておいても「サポート期間」は極わずか!

     

    さすがに最新のOSの動作は厳しくとも、ブログの更新程度ならまだまだイケるのに「サポート期間が無くなるから終了」というんじゃ勿体無い。

    だったらLinuxを導入して「ブログで収入」を得るための「ネットビジネス専用機」にしちゃおうよ?ってことです。

     

    具体的なパソコンのスペックは、

    OS WindowsVista後期
    CPU デュアルコア以上
    メモリ 2GB(出来れば4GB)
    HDD そんなに必要ない(80GBもあれば余裕。もっと少なくてもいい)

    こんなパソコンが家に余ってればタダだし、メモリの増設したり、もっと言えばモノが無くてもハードオフでジャンク品を買って来れば5000円でも用意は可能。

    それで「ネットビジネス専用機」が作れてしまうワケなので、例え家に最新のWindowsがあっても、自分専用に用意してみるのも全然アリです。

    まとめ

    実際、私の場合「Linuxパソコン」だけしか使わないで「ブログで収入」を得ることが出来ています。

    「無料」もしくは「低予算」で、サクサク動く「専用機」をLinuxで用意してしまえば、作業効率が大幅にアップします。

     

    「家に余っているパソコン」または「5000円で買ったジャンクパソコン」を駆使して「ブログで収入」を生み出す。

     

    余っているちょい古パソコンの使い道としては、これほど合理的なのはないと思います。

    まずはやってみよう!

     

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    万次郎式コンテンツ(PDF)販売中

    万次郎が作成したリーズナブルなコンテンツ売ってます。