Linuxの軽量メモ帳ソフト「Leafpad」とPDFビューワの「Evince」を活用すべし!

    Linuxの軽量なメモ帳ソフトの「Leafpad」とPDFビューワの「Evince」。

    Linuxでネットビジネスをしていくのに、なくてはならない基本的なソフトです。

    というか、まあ普通にパソコンといえば、「メモ帳」と「PDFビューワ」なんて当たり前すぎて特に意識すらしないソフトではありますが。

    このある意味「地味」なソフトを使いこなしていくのがネットビジネスでは「地味」に効果があります。

    まずは超基本的なメモ帳のLeafpad

    この基本的なメモ帳の「Leafpad」。

    早い話がWindowsで言うところの「メモ帳」です。

    このブログでは、OSにUbuntuの軽量版の「Basix」を選択したので、Basixに標準搭載のメモ帳である「Leafpad」で説明しますが、まあ実際のところは何でもいいです。

    ・本家Ubuntuに標準搭載の「Gedit」でも一緒です。

    このLeafpadのいいところは、必要十分な機能を持っていながら動作が軽いこと。「メモ帳」として十分な機能を持っています。

    そして起ち上げてみると分かりますが、超絶シンプルです。

    %e7%84%a1%e9%a1%8c_004

    ホントにWindowsの「メモ帳」みたいな感じです。

     

    %e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc_005

    それでいて文字の「検索」や「置換」なんかも出来る頼もしいヤツです。

     

    %e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc_006

    また初期状態では、いつまでも「横」に書き続けられてしまって使いにくいので、上部タブメニューから、「右端で折り返す」にチェックを入れておいた方がいいと思います。

    icon-check3-p「行番号を表示」するかどうか

    icon-check3-p「自動インデント」させるか

    この辺はお好みで。

    ネットビジネスではメモ帳(Leafpad)はかなり使う機会が多い

    さて、このシンプルなメモ帳のLeafpadですが、使用頻度はかなり高いです。

    特に「ブログを軸にした」ネットビジネスにおいては、この「メモ帳」というのはWindowsだろうと、Macだろうと、そしてLinuxだろうと「かなり使う」と思います。

    ブログの下書きに使う

    まずWordpressだろうとなんだろうとブログやサイトの作成では、

    いきなりブログ編集画面で書くのではなくメモ帳で下書きしてからコピペする

    というのが基本です。

    その方が「リスク」が少ないんですよね。

     

    ブログの編集画面で、いきなり書いていってしまうと、何かのはずみで(主に操作ミス)書いている最中のものを消してしまったりするものです。

    これ意外と侮れない、、、。

    注意してても結構やっちゃたりするもんなんですよね。

     

    なので、メモ帳で下書きを作成してから、その下書きを、

    icon-check3-gCtrl + A で全選択

    icon-check3-gCtrl + C でコピー

    icon-check3-gCtrl + V で貼付け

    というのが基本で、これの繰り返しでブログを作っていきます。

    広告コードなどをコピーして貼っておく

    ブログで収入を得るためには、アドセンスやアフィリエイトの「広告コード」をブログに貼ったりしなければいけないんですが、そういう時もメモ帳は大活躍です。

    また、アクセス解析を設置するときなんかも「コード」って必要ですね。

    さらにコードなどを一時的にメモ帳に貼っておいて、そのコードを編集することなんかもあるワケで、もはや無くてはならないものです。

    まあ、ホントにメモ帳って使い方はいろいろで、アイデア次第で最強のツールとも言えると思いますよ。

    PDFビューワはまあ当然か?!

    まあPDFビューワに関しては、普通パソコンでは「あって当然」という感じのものなので、通常は意識することもないと思うんですけど、、、。

     

    Ubuntuの軽量版のBasixは、

    必要なソフトは自分で選んでインストールする

    がコンセプトなんで、それすらも初期搭載していない潔さです。

    なので、自分でインストールしてください。

     

    icon-arrow1-o-sUbuntuソフトウェアセンターからインストールする場合は「PDFビューワ」で

    icon-arrow1-o-sSynapticパッケージマネージャからインストールする場合は「Evince」で

    検索すれば、本家Ubuntuで標準の「PDFビューワ」がインストール出来ます。

    しかしどちらも欠点はある

    通常に使う分には、Leafpad、Evinceどちらも何も問題なく使えます。

    ただ欠点があります。

     

    それは「文字化け」です。

     

    icon-check3-rLeafpadはWindowsで作成されたファイルを開くと、、、。(逆も然り)

    icon-check3-rEvinceは日本語のタイトルが付けられたものはファイル名が、、、、。

    それぞれ文字化けします。

     

    どちらもその対処法はあるようですが、コマンド打ち込んだりで結構大変なのと、それでも特に困ってないのでそのまま使ってます。

    メモ帳の文字化けは、Linuxの中で使ってる分には全く影響ないのと、PDFの方はファイル名が文字化けしたって中身は当然読めるので気にしない方向で!(強引)

     

    まあ、でもホントに大した問題ではないです。

    機能はしっかり果たしてくれているので。

    まずはこれらの基本ソフトをフル活用していきましょう。

     

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    万次郎式コンテンツ(PDF)販売中

    万次郎が作成したリーズナブルなコンテンツ売ってます。