ブログの下書きツールは「書く・即・保存」なクラウド連携ソフトを使うべし!

    ブログの「下書き」に皆さん、どんなツールやソフトを使ってますか?

    私、最初は「メモ帳」でやってましたが、もうやめました。

    今は「書く・即・保存」なクラウド連携の超便利なツールを使ってますが、もう手放せません。

    ブログは必ず「下書き」を!

    まず、基本的なことですが、ブログの記事を書く場合は、必ず「メモ帳」などに下書きをしていると思います。

    で、それをコピペしてWordpressの投稿画面に貼り付けた方が、何かと「リスク」が少ないですからね。

     

    Linuxでブログをやっていく過程でも、通常のWindowsでやる場合と同じく、私も最初はメモ帳ソフトの「Leafpad」でせっせと下書きを書いていました。

     

    でも、もう、私、、、。

    下書きにLeafpad使うのを卒業します!

    と、どっかの某アイドルのように宣言したくなるほど便利な「下書きツール」を使うようになったので、紹介しときますね。

    書いたら即保存されるクラウド連携ツールを使うべし!

    ブログの「下書き」にメモ帳を使う場合、まあ特に問題があるわけではないんです。

    強いて言えば、下書きを「保存」しないとダメってことです。

    その「保存」という行為を忘れた場合、当然記録されていないので、たまに「うっかり」保存しないで閉じてしまって大惨事!なんてこともたまにあるんですよね。

     

    そんな弱点を消し去るのが、いわゆる「クラウドメモ帳」と言われるツールです。

    これだと、下書きを書いている途中の段階で、「一文字書くごとに」自動的にクラウド上に保存されていくので、保存し忘れて消えちゃった!なんていうことが起こるわけがありません。

    しかも、「ホントにこれ保存してんの?」って思うくらいに動作に引っかかりなどを感じることがないほどにスムーズなんです。

     

    というワケで、ブログの下書きに「もう単なるメモ帳には戻れなくなる」便利なクラウドメモツールのオススメ3選を紹介します。

    ・今回紹介する中で「Writebox」に関しては「自動保存」の機能はありません。

    シンプルイズベストなおすすめはこの3つ!

    操作もシンプルで、特に覚えることもなくすぐに使えるオススメはこちら。

    icon-check1-rGoogle Keep(グーグルキープ)

    icon-check1-rSimplenote(シンプルノート)

    icon-check1-rWritebox(ライトボックス)

    以上の3つです。

     

    これら3つのツールに共通なこと、それは、、、

    icon-check3-o操作がシンプル

    icon-check3-o特に覚えることなく始められる

    icon-check3-oWeb上で完結(OSに左右されない)

    ということです。

    今回のこの記事の「下書き」のスクショを添えながら、一つ一つ軽く紹介していきます。

    Google Keep

    %e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_190

    →Google Keep

     

    これのいいところは、もう物凄く簡単に始められるということ。

    Googleのアカウントさえあれば誰でも使えます。

    そして意外と勘違いしがちなポイントとしては、これ、なにもGoogleのブラウザ「Chrome」じゃなきゃダメってことはなく、「Firefox」でも普通に使えます。

     

    そして「Google Keep」が素晴らしいところが、1行目が何の設定もしなくても勝手に「太字」になり、自動的に「タイトル」になります。

    さらに素晴らしいのが、左から右端までに打てる文字数が「32文字」なんです。

     

    ということは、、、、。

    そう、ブログで最も大事なのが「記事タイトル」で、この記事タイトルは「32文字」で収めるのが「検索されたときの表示」の関係で、一応基本的な重要ポイントです。

    Google Keepなら、記事タイトルの32文字を特に意識することなく(いちいち文字を数えなくても)、自然と視覚的に収めるようになっていきます。

     

    また当然のことながらスマホの「アプリ版」もあるワケで下書きを気軽にスマホで書くことも可能です。

    もはや穴はなし!の大本命です。

    Simplenote

    %e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_193

    →Simplenote

     

    これもかなりシンプルで使いやすいです。

    基本的なことはGoogle Keepと一緒ですが、クラウドの保存容量はGoogle KeepがGoogle DriveやGmailと共用の15GBであるのに対し、こちらは何と「無制限」!

    と言っても、テキストデータで数十GBなんて使わないですが。

     

    また端から端まで「32文字」ということもなく、画面を広く使えます。

    こちらも1行目が自然に「記事タイトル」となりますが、特に「太文字」になる訳ではないです。

     

    唯一の弱点は、海外のサービスなので、メニューや説明が「英語」なとこと。

    とは言えシンプルなWebツールなので、迷うことはないと思います。

    Writebox

    %e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_192

    Writebox

     

    こちらは上記2つに比べると若干マイナーだし、さらに特徴的にも違います。

    Writeboxは保存先に

    icon-check3-bDropbox

    icon-check3-bGoogle Drive

    を選択することが出来るWebツールです。

     

    また保存も「自動保存」ではなく、手動で「保存」という動作をしないといけません

    そこが上記2つに比べてしまうと「使い勝手」という面ではマイナスです。

     

    でも、この「Writebox」のいいところは、その編集画面です。

    icon-check3-g文字が大きくて気持ちいい

    icon-check3-gSimplenote以上にシンプルな編集画面で記事書きに専念出来る

    この2点が単純に素晴らしいです。

     

    もうですね、文字以外なんにもない編集画面なんで「記事を書く」ということに、これ以上ないほどに「集中」出来るんですよね。

    また、画面下部に文字数や行数なんかが「目立たない」ように表示されているのが心憎いです。

    こちらも「英語」のメニューなのが多少の弱点です。

    まとめ

    ブログの「下書き」ツールには、いろんな種類があるし、求める機能なども人によってバラバラだとは思います。

    下書きには「Evernote」を使うという人も多いですね。

     

    今回紹介したものは、いずれも機能面では「Evernote」には及ばないかもしれませんが、下書きは出来るだけ「シンプル」で余計な機能はいらない!サクッと使える方がいい!

    という人にとっては、今回紹介した3つは自信を持ってオススメ出来るツールです。

     

    何よりこれらは、Linuxでも全く問題なく使えますからね。

     

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    万次郎式コンテンツ(PDF)販売中

    万次郎が作成したリーズナブルなコンテンツ売ってます。