ブログの書き方のポイント「見出し」をつける!記事タイトルには全力を注ぐ!

さて実際にブログを書いてみようとなっても、いきなり闇雲に書き始めてもどうすればいいか分からない!という人もいると思います。

なので、まずはブログの書き方のポイントとなる「型」を覚えてしまえばいいんです。

ポイントは、「見出し」を効果的に使うのと「記事タイトル」には全力を注ぐ、ということです。

「型」にはめてしまえば簡単!

普段、文章を書かない人(ほとんどの人がそうでしょう。私もそうです。)が、いきなりブログ記事のように「長文」を書こうとしても、中々出来ないです。

闇雲にダラダラと書き始めても、途中でネタも尽きて、適当な言い回しで字数を稼いだりしながら、何とか文字数を増やして「1記事」完了。

ああ、もうこんなのとてもじゃないけど続けられないよ。

と早々に挫折しかねないので、まずはブログの書き方の基本となるポイントを抑えておきましょう。

まずブログの記事の基本となる「型」があるので、そこに自分の書き方を当てハメちゃえばいいんですよ。

1,まずは数行の「導入文」(出だし)を書く

まず今から書く記事が、

どんな内容のものなのか?

こういうことがあったから書いてみた

みたいなことを簡単に数行の「導入文」を出だしとして書きましょう。

 

先にある程度の結果を書いてもいいし、「これってどうなの?」という疑問を書いてもいい。

それを簡単に2〜3行でもいいし、5〜6行でもいいから、この記事が何について書いているか?をまず書いておきましょう。

ここでのポイントは「自分で決めたキーワード」をこの出だしの部分に必ず入れておくこと!

2,「見出し」を入れながら記事を分割して書く

出だしの次から、いよいよ本文を書いていくのですが、ここで早速ポイントです。

ダラダラとまとまり無く書いていくと、読者が非常に読みにくい!

なので、自分がこの記事で言おうとしていることを3〜4つくらいに「分割」して書きましょう。

 

ここで重要となってくるのが「見出し」です。

記事本文を分割した箇所を「小タイトル」的に「見出し」を挿入していきましょう。

そうすることで「文」全体がとても読みやすくなります。
 

WordPressなら基本機能で「見出し」を簡単に挿入出来るので楽ですね。

3,記事の分割は「起承転結」で分ける

その記事の分割ですが、基本は超セオリーな「起承転結」です。

「起」 こういうことが出来るらしいよー。

「承」 やってみたらいい感じだよー。

「転」 でもこんな落とし穴があったよー。

「結」 でも結果的には良かったよー。

と、超簡単に書いてみましたが、こんな感じでまとめるといいです。

 

で、なんで「起承転結」がいいかというと、

読者が読みやすい

自分がまとめやすくて書きやすい

ということ。

読み手・書き手の双方にメリットがあるので、昔からこの手法が基本形として使われてきました。

 

ここでポイントですが、ブログの場合、

そうはいっても多少違ってもいい

ということ。

 

要するに「起転結」でもいいし、「起承結」または「起承転」で終わってもいい。

時間のない中でやっていくのだから、「結」まで行かなくても、最後に「続く」とやって、次の記事で結果を書いてもいい、ってことです。

 

理想は「起承転結」だけど、時間的に無理そうなら「臨機応変」でいいんですよ。

「記事タイトル」には全力を注ぐべし!

さあ「型」が決まれば、記事本文は書きやすくなります。

 

と、ここで全力で考えるのが「記事タイトル」です。

ここ「超重要」です。
 

先に「記事タイトル」を決めて「本文」を書く、または先に「本文」を書いてから「記事タイトル」を決めるのか?は人によって様々なので、やりやすい方で!

 
記事タイトルを決める時に大事なポイントは、

なるべく32文字以内で

キーワードは適切な順番で全部入れる

興味をひきやすい(思わずクリックしたくなる)タイトルをつける

ということ。

 

32文字やキーワードについては、こちらの記事をみてください。

→自分のブログがより早くGoogleの検索にヒットするためのキーワード設定法

 

ここで言いたいのが、

思わずクリックしたくなるタイトル

についてです。

 

ポイントとして「記事タイトル」の冒頭に、

驚愕!」、「悲報」、「絶対無理!」とかを入れておくと興味をひきやすいです。

 

また、タイトルの末尾に

上手く行く3つの方法」とか「やっちゃダメな5パターン!」などの数字を絡めたタイトルにするのも効果的です。

 

またこういう手法って書く方も「書きやすい」んですよね。

この「記事タイトル」は「慣れ」もありますので、自分なりにいろいろやって「トライ&エラー」を繰り返して「慣れ」ていきましょう。

 

また、どうしてもコツが掴めないならば、こんなツールもあります。

ホッテントリメーカー(現在は使えなくなりました)

コピーメカ

使い方は簡単!自分がブログのテーマにしている「キーワード」を空欄に入れて、ボタンを押すだけで自動的に秀逸なキャッチコピーを生成してくれます。

この結果をそのまま使うのは、いくらなんでもアレなんで、まあ少しだけニュアンスを変えれば結構使えると思います。

出来たものを実際に使わなくても、かなり参考になりますよ。

まとめ

ブログの記事の書き方のポイントは、

秀逸な記事タイトルをつける

「起承転結」で分割して書く

各項目に「見出し」をつける

というところが基本です。

 

あとは、この基本通りに書いていき、数をこなしているうちに自分なりの「型」が出来てきます。

そして、その「型」にはめてしまえば、あとは同じことの繰り返しですから!

 

最後にブログの記事を書くことの最も重要なポイントなんですが、

記事は読者のことを考えたものであること。

これを常に考えて、読みやすさを忘れないように!